hp_banner.jpg

2016年09月14日

メガバンク決算内容 2016年3月期 其のC〜有価証券含み益〜


・表面化しない利益

 保有有価証券を期末毎に評価替えして、その結果が含益として公表される。

 売却前なので利益として実現されず、将来も市場価格が維持されれば利益として

 計上される見込みがある。


・三行の状況                  (単位:億円)

   銀   行  M U F G   三井住友     み ず ほ   

   含み益    25,315  16,687  15,615  

  
・MUFGの含み益が他二行を大幅に上回っているが、何れも巨額である。

 利益動向が市況に影響されやすいか否かは、保有有価証券の銘柄に依存する。

 保有有価証券の銘柄及び市場動向にて利益状況が大きく左右されると云える。


2016年09月13日

メガバンク決算内容 2016年3月期 其のB〜有価証券売却益〜


・巨額の有価証券売却益計上

 株式、国債を中心とした市場の活況を反映して、経常収入に占める割合は大きい。

 好調な市況の時は利益に貢献するも、一旦、市況が下落に転ずると利益の足を

 引っ張りかねない。


・三行の状況                  (単位:億円、%)

   銀   行     M U F G   三井住友     み ず ほ  
 
   経常利益(A)   8,637   7,479   7,040  
  
   有証売却益(B)  2,060   1,477   2,983  
   
   (B)/(A)    23.9    19.7    42.4  

      
・メガ三行何れも高利益計上するも、有証売却益が巨額、且つ利益に占める割合大にて

 特にみずほ銀行は本業以外の儲けにも依存する割合が高い。


2016年09月12日

メガバンク決算内容 2016年3月期 其のA〜収益状況〜


・売上、及び利益状況

 銀行決算では売上表示を経常収益としている。


・三行の状況及び他業種(自動車メーカー)との比較   (単位:億円、%)

 銀  行  M U F G   三井住友     み ず ほ    (トヨタ自動車)

 経常収益  29,256  22,778  22,517 (115,858)

 経常利益   8,637   7,479   7,040 ( 22,841)

 当期利益   5,861   6,092   4,902 ( 18,104)

 当期利益率  20.0    26.7    21.8    (15.6)


・メガバンクの利益率は高収益会社メーカーの利益率を上回る。

 メガバンク自体が高収益会社である。〜銀行法の壁、企業体質、行員モラル等々〜


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。