hp_banner.jpg

2016年07月01日

人間の記憶 其の@〜作家:石坂洋次郎氏〜


・二度目の読書

 1970年1月16日付にて購入し、其の後、目にすることもなく書棚に埋もれた

 儘であった。(46年前に目にした記憶は全く無)

 氏の日常性を重視する姿勢に触れてみようと思い、久し振りに再読する。


・書籍名「私のひとりごと」:昭和41年〜昭和42年迄「三田文学」連載

 本文抜粋〜母の暗い胎内に未熟児として円くなって眠っていた頃のぼんやりした

      記憶が残っているような気がしてならない〜

・人間として誕生して以来、一番古い記憶事項は何であろうかを考えさせる内容で

 ある。

 何が一番古い記憶であるか、記憶の糸を辿るのは脳トレになり、認知症予防に 

 役立つと思って日々記憶を遡っている。



posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: