hp_banner.jpg

2016年09月08日

返済猶予後倒産 其のC〜倒産形態〜


・倒産の形態別推移

  西  暦   【 2014年 】 【 2015年 】 【2016年】 

                                 (単位:件)

          上期  下期    上期   下期   上期 (構成比%)

 【倒産形態】  
 
  破産     229 186   164  177  155( 79.9)

  特別清算     8  10    11   13   21( 10.8)

  民事再生    19  11    17   12   18(  9.3)

  合   計  256 207   192  202  194(100.0)


・2016年上期特徴

 1、破産型が最多155件、次に特別清算21件が続き、所謂清算型倒産が9割を

   占める。

 2、前年同期比の増加率では特別清算(90.9%増)がトップである。

   事業を第二会社に移転して継続する一方、過大債務を特別清算にて処理する。

  〜金融機関もロス発生の覚悟をしてリスケに応じない姿勢が窺える〜




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。