hp_banner.jpg

2016年09月05日

返済猶予後倒産 其の@〜返済猶予後倒産とは〜


・本項目の定義

 〜(株)帝国データバンクより〜

 金融機関から返済条件変更等(リスケジュール)を受けていた企業の倒産を云う。

 金融機関から救いの手が、少なくとも一度は差し伸べられた企業が倒産に追い込

 まれた事になる。


・金融機関救いの手の背景

 1、2009年12月、中小企業円滑化法が施行され、企業のリスケ申出に取引金融

   機関が応じる姿勢を示す。

 2、2013年3月末に同法が期限終了となるも、金融庁方針に則り金融機関は

   引き続きリスケ申出に対して協力を続行する。


・リスケ終了後の倒産

 金融機関に提出した経営改善計画が頓挫した為に、止む無く倒産に至る。

 金融機関も企業が行う経営改善計画の達成が覚束なくなると、支えきれなくなる。


             出典:(株)帝国データバンク2016.7.8記事(以下同)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。