hp_banner.jpg

2015年07月31日

危ない会社の見分け方 其のG〜納期限疎か〜


・商品納期守らず(守れず)

 約束期限迄に商品が手許に到達していない状態である。

 期限日は言うに及ばず、期限時間も厳密に守るべき商道徳である。


・納期遅延による損失等

 1、納期先からの損害賠償請求の恐れ

 2、杜撰な社内管理体制露呈、組織そのものの乱れを外部に自ら公表するに

   等しい。

 3、信用失墜〜当該先ばかりか、風評にて取引先全体に広まる。


・一営業マンの怠慢から当該企業の存立基盤を脅かしかねない事態である。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

危ない会社の見分け方:商品、サービス関連 其のF〜売り急ぎ〜


・売り急ぎ

 在庫処分(季節遅れ商品、売れ残り品、価格下落予想される商品・・・)を  

 前提として販売されることが多い。

 安値、見切り価格、値下価格・・・損失発生を覚悟で販売する。


・メリット

 資金の早期化を促す点ではメリットあり。

 倉庫に眠っていた在庫品が現金になるという観点からは、望まれる。


・デメリット

 1、損失発生〜経営判断の間違い(見込み仕入れ、市場動向の読み誤り・・・)

        価格割引発生

 2、風評被害〜仕入先、販売先の信用を落としかねない。

       あの会社は資金繰が苦しいのではないかと疑われることにもなる。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

危ない会社の見分け方:商品、サービス関連 其のE〜押し込み販売〜


・押し込み販売

 1、無理な売り上げ増加策として実際に行われている。

 2、その背景には営業成績達成の為に決算対策として実行される。

 3、営業担当者による架空売り上げ計上であり、その意味では不正取引

   として厳に慎むべき内容である。

   中には、営業担当の上司は見て見ぬふりをすることも有り得る。


・無意味な販売事例

 1、期末月に売り上げ計上し、翌月には返品の形で前月売り上げを抹消

 2、注文商品数量より多く、又は注文外の商品を無理やり納入して販売


・決算対策上の一時的な対策、取引上の弱者苛めによる販売であり、世間を欺く

 行為であり、販売先からは恨まれ、いつかは手痛いしっぺ返しを食らう。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。