hp_banner.jpg

2015年05月31日

危ない会社の見分け方 其のG〜従業員の動向 V〜


・社長、経営幹部に対する従業員の悪口

 従業員の不満は愚痴という形で発せられる。

 1、従業員が社長、経営幹部から苛められたり、こき使われていることが多い。

   〜長時間労働、時間外賃金不払、有給休暇取得認めず、当然の休日出勤

    業務作業を家庭に持ち帰り・・・〜

 2、従業員に過酷な要求(営業ノルマ、コスト削減、業務見直し:点検時間削減、

   点検項目削減:重大事故への誘因・・・)するも、従業員の声を反映しない。

 3、従業員からみると、従業員に過酷な要求する経営者等は交際費を使用して

   遊んでいるように見える。


・経営者等の姿勢を従業員はよく観察している。

 従業員の不満は経営者等の姿勢の乱れの一端を示している。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

危ない会社の見分け方 其のF〜従業員の動向 U〜


・経理担当者の不在がち乃至退職

 経理担当者は当該企業の資金繰りを把握していたり、銀行取引を担当している

 事が多い。

 1、当該社の資金繰を把握しているので、資金収支(余剰、不足)、調達余力や

   調達力不足を身にしみて感じる。

   会社の危機を真っ先に感じることができるので、先行きを懸念して退職に

   走ることになる。

 2、取引銀行融資交渉において、経理担当者が如何に頑張っても会社業績が

   不芳であれば、銀行からの資金調達は困難なことが多い。

   銀行調達できない責任を経理担当者個人一人に負わされては、不合理と

   思うことが多い。


・銀行調達失敗は経理担当者個人の責任よりも会社業績不芳そのものである。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

危ない会社の見分け方 其のE〜従業員の動向 T〜

・企業の人事構成は経営者及び従業員から成り立っている。

 社長、経営幹部を見つつ、もう一方の従業員の動向も気になるところである。


・従業員の退職が頻繁に発生

 定年退職以外に従業員自己都合による退職が頻繁に発生している。

 無論、従業員個人の個人的都合によって退職が発生することもある。

 1、入社する前には解らない社内事情を入社後に知ったことで、新入社員が

   退職する。

 2、既存社員が、不都合な社内事情を知って突如退職する。

   @大口販売先との関係が薄れて当該企業の先行きを懸念

   A従業員給与を会社都合にてカット、支払遅延

   B社長乃至経営幹部の不正把握


・従業員退職が定年以外で頻繁に発生するのは、当該企業に火の粉が発生

 している証の一つである。


posted by inaba at 00:00 | Comment(0) | 日々の経営活動についての思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする